小幅な値動き

FOMC議事録発表待ち

<ドル円(円高関連)>
・ドル円84.2円(売)→ターゲット83.2円・ストップ87円
85円(売)→ターゲット83.2円・ストップ88円

本日は中国元の対米ドルでの大幅上昇に注目が集まりました。7営業日連続上昇で、節目になる6.6元を超えてきました。2005年7月の切り上げ以来、最高値を更新しました。その後も上昇は止まらず、6.7元も超えてきています。人民元切り上げは円高要因になりますが、介入のせいで、その影響力はかなり縮小されています。また、全米経済研究所(NBER)はアメリカ経済が09年6月に後退局面を脱したと発表しました。この頃のアメリカの指標は良し悪し入り混じった結果になります。しっかりチェックして自分なりに景気後退期を脱したか見極めたいと思います。どんなに高名で信用がある機関の報告でも報告を鵜呑みにしてはいけません。自分なりの判断で結論を出すことが、FXの勝因に繋がると感じています。ドル円だけでなく、本日はどの通貨も値動きが少なかったです。今夜27時15分に発表されるFOMC(金利政策発表)が鍵になりそうです。私のポジションはそのままです。

<オージー円>
・ポジション 81.25円(売)→80.25円(ターゲット)ストップ83円

81円付近が重たくなってきました。戻りもそろそろ限定的になってきたようです。もう一段高があったとしてもそこから下落する可能性大だと踏んでいます。ターゲットに到達するのを待ちましょう。
また明日も頑張りましょう。