加ドル急騰

再び円高傾向に

<クロス円>
・加ドル円
本日は21時30分に景気先行指標指数と小売売上高、自動車部門を除いた小売売上高の指標発表がありました。どれも予想よりもかなり弱い結果になりました。それを受けて加ドルは急落しました。それに釣られ、クロス円・ドル円は急落しました。

・オージー円
・ポジション 81.25円(売)→80.25円(ターゲット)ストップ83円

本日は加ドル円の下落を受け、オージー円も釣られて下落しました。一方、FOMCではオージー円もオージードルも一気に上昇しました。円がかなり弱くなっている証拠ですね。クロス円の力関係がハッキリと分かりました。円もドルも弱くなっているので、新興国通過は上昇しそうですね。80円が節目になりそうです。しかしながら、買われ過ぎでもあるので、ターゲットを待ちたいと思います。そして、80円下は厳しいので、下がれば買っていきたいと思います。

<ドル円(円高関連)>
・ドル円84.2円(売)→ターゲット(訂正)84.2円・ストップ87円
85円(売)→ターゲット83.2円・ストップ88円

3時15分に発表されたFOMC(アメリカ金利政策発表)では追加緩和の可能性も示し、ドルが売られました。ドル円も急落しました。本日はその流れを汲んで本日は円安で推移しました。今日は、また、面白い発言がありました。財務省が金融機関に対して「明日は出社するか?(秋分の日で祝日なので)」という確認をしているという報道がありました。明日は休日で休場なので公務員は休日だと思うのですが、いつでも介入できるために休日も準備できているようです。どうも介入に対して鼻息が荒いようです。
考えたのですが、どこで介入するかによりますが、次、介入したとして、前回介入した時の上値は上回れるのでしょうか?私的にはできない気がします。やっぱり一番目がインパクトがあると思います。もし、また介入したとしても、戻り高値で売り込まれそうです。でも、介入する気は満々なので、あと一回は少なくとも介入しそうです。ということで、私のポジション84.2円は同レベルあたりで決算することにしました。そして、介入後、85円あたりでもう一度ポジションを取り直したいと思います。
引き続き頑張りましょう。