ドル急落

FOMC議事録発表

<ドル円>
・ポジション82.4円(売)→81.5円(ターゲット)85円(ストップ)

本日は27時にアメリカのFOMC(連邦公開市場委員会)の議事録が公開されました。議事録によれば新たな緩和策は市場の動向次第としながらも緩和政策は近い将来に適正な水準にと、近々金融緩和に打ち出る方針を明らかにしました。更に雇用市場のミスマッチが失業率を押し上げていると、失業率が改善される期待を持てない内容でした。まだまだドル売りは続きそうですね。しかしながら、円ロングが積みあがっているので一旦ターゲットでは利食いしようと思っています。ターゲットに到達せずに上昇するようでしたら売り増ししようと思います。

<ユーロ円>
やっとターゲットに到達しました。私は上昇している時に買われ過ぎを見て売りを仕込む、いわゆる逆張りをしているので、ターゲットに到達するのがちょっと時間かかるようです。115.2円(売)→ターゲット113.2円で2円儲けることができました!しっかり儲けられてよかったです。ユーロ円は下髭長めの日足で終わりそうですので、再上昇するかもしれません。

<ポンド円>
・ポジション 129.10円(買)→131.10円(ターゲット)127.10円(ストップ)

本日発表されたイギリスのCPIなどの指標はおおむね予想通りだったのですが、イギリスのマイルズMPC委員が追加緩和をにおわす発言をしたことによりポンドは売られました。ポンドは129円をどうにか守っており、ユーロ円やオージー円などが上昇に転じていることから、129.10円で買いました。このところクロス円はドル円に釣られる動きよりもドルストレートの動きに連動しているので、ドルが弱くなればクロス円も上がると思い買いました。また、野田外務相が本日介入をにおわす発言があり、そろそろ介入されそうです。介入があればポンド円に響くと思いポジションを取りました。また逆張りなのでちょっとターゲットに到達するまで時間がかかるかもしれません。辛抱強く待ちたいと思います。
また明日も頑張りましょう。