ドル急落

ドル下落

・ドル円

今日はとうとう81円を割れてしまいました。私のポジションは利食うことができまました。82.4円(売)→81.5円(決算)90pipsの儲けです!ドル円はテクニカル的には80円割れると思います。しかし、これから先、ちょっと売るのがキツイのは確かです。介入をにおわせる発言はあるものの、私のカンでは介入しないような気がします。しかし、よく分からないのが本音です。菅総理や菅内閣は国会演説を聴いていても本当に何を考えているのかよくわかりません。私がどうしてよく分からないかというと、誰が主導権を持って介入をやっているのか明確ではないからです。なぜ介入をしないのか意図もよく分かりません。尖閣諸島の問題も、誰の指示で船長を解放したのか、なぜビデオを公開して抗議しないのか、中国は国際会議で自国の領土と宣言しているのに、日本はなぜ何も主張しないのか理由がさっぱり分かりません。福岡では日韓トンネル事業が開始されています。総事業費10兆円で、勿論、財源は税金です。10年後に開通予定で、日本と韓国が陸続きになります。民主党は同意の上で既に韓国側はトンネルを掘っています。なぜ対馬まで韓国領土と言い張り、領土争いが勃発しそうなのに、なぜ税金のムダ遣いをやめようといっているのに誰が主導でどういう意図でやっているのかさっぱりわかりません。菅総理は介入に否定的な発言をしています。しかし、野田財務相は介入に感知しないというスタンスで、さも日銀が独立権を持ってやっているような発言をします。海外の体裁を気にしているのならば、邦銀を使って介入することができると思います。見た限り、その気配もありません。そういえば、介入の隠れ蓑ともいわれた郵貯もドル円を買ってないような気がします。(これは私のチェックが甘いかもしれないのでハッキリとは分かりませんが・・・)なんだかハッキリしないムードが流れています。ドル円に関してはあまり短期的スタンスに神経質になるより、中期的なポジションを考えた方がいいかもしれません。私的には来月のFOMCが終わったあたりから、買いを入れていこうと考えています。ちょっと話がそれますが、介入されたことにより、介入された日のFXの取引量が3倍に増えたらしいです。みんなどっちのポジションを取ったのでしょうか。売りでしょうか、買いでしょうか、両方??気になります。なんとなく買いが多かったような気がします。もし、買いが多ければストップも大きいかもしれません。ストップといえば、80円と76.5円に大量の売り注文が積みあがっています。76.5円に関しては2BILです。これを考えると市場関係者は76.5円割れると見ているということになります。お手頃感でドル円を買うのは危険ですし、どこまで下がるかわからないので、ストップは必ず設定するようにしましょう。大きな損失さえ出さなければ、FXはチャンスが沢山転がっていて儲けることができます!

【クロス円】
<ポンド円>
・ポジション 129.10円(買)→131.10円(ターゲット)127.10円(ストップ)

ポンド円を含めクロス円は上値が重そうです。130円で利食おうかちょっと悩んでいます。ユーロが強いのが目立ちますね。今の時期は、追加緩和観測がない通貨が強い通貨の一番条件のようです。ただし、一番条件であり、問題があればすぐに崩れると思います。ユーロやポンドの財政問題はそう簡単に解決されるものではありません。テクニカル的にも中長期的にはまだまだ下落トレンドなので上がれば売りスタンスで望んでいきたいと思います。

明日はアメリカの小売売上高などの指標が多く発表されます。とんでもないサプライズな結果でない限り指標には振り回されない方がいいと思います。また明日も頑張りましょう。