ドル急落

バーナンキFRB議長講演

<ドル円>

本日バーナンキFRB議長が講演で追加緩和の措置をとることをにおわせるような発言があり、ドルは急落して再び80円台に突入しました。前回81円を割れた時は反発が81.5円上まであったのですが、今回は81.5円に届かず反発は弱く、戻り売りされている状態です。一方、菅総理からは口調が強めの介入をにおわせる発言がありました。今回の発言は口調が強かったので、介入はあるかもしれませんね。どこで介入してくるのかちょっとタイミングが分かりません。来月のFOMCの後かなと思っていたのですが、「短期的にでも円高を食い止める」と言っているので来週あたりやってくるのではないのかなと思います。ここで重要なのは2点。前回の介入から1ヶ月以上経っています。このことから介入はそう頻繁にするものではないと言えるでしょう。また、菅総理が「短期的にでも」と言っていることから分かるようにドル円は下落トレンドを描いています。つまり、介入があったら戻り売りで仕込むと儲かると言えるでしょう。私は介入があれば、しっかり売っていきたいと思います。ゆっくり利食っても大丈夫みたいですしね^^

【ドルストレート】
・ユーロドル 1.400ドル(買)→1.4500ドル(ターゲット)1.3500ドル(ストップ)
・ポンドドル 1.600ドル(買)→1.6500ドル(ターゲット)1.5500ドル(ストップ)

バーナンキ議長の講演の後、ドルは急落し、ドルストレートは上昇しました。上昇が一服して戻ってきたところを押し目買いしています。ドルストレートは強気ですが、買われ過ぎですのでターゲットとストップはきつくしておきます。

【クロス円】
<ポンド円>
・ポジション 129.10円(買)→131.10円(ターゲット)127.10円(ストップ)

ドルストレートが強気ですので、このままポジションはキープしてターゲットまで粘ろうと思います。

また来週も頑張りましょう。