オーストラリアドル急落

中国利上げを決定

<オーストラリアドル>

本日はRBA(豪準備銀行理事会)による議事録が公表されました。今後のオーストラリアドルの利上げに対しては「ある時点で必要」とされて、利上げ期待感からオーストラリアドルが買われました。しかし、利上げは急がない内容の発言がされたので、一転して売られてしまいました。更に、中国が期間1年の金融機関の預金金利と貸出金利をそれぞれ25ベーシスポイント引き上げることにすると、利上げのビッグニュースが飛び込んできました。これを受けて、オーストラリアは中国の最大の貿易相手国であるので、またまた売られてしまいました。オージー円は79円を割れてレンジブレイクしてしまいました。木曜日には中国のCPIなどの指標発表が多く予想されています。結果が予想より悪いとさらに売られる可能性がります。また、木曜日の指標発表までは様子見であまり買われないかもしれません。指標発表を待ってゆっくり買っていった方が無難でしょう。

<ポンド円>
・ポジション 129.10円(買)→131.10円(ターゲット)127.10円(ストップ)

ストップに近づいてきましたが、一気に下抜けするのは難しいと思うのでキープしたいと思います。

<ドル円>
・ポジション 81.8円(売)→81円(ターゲット)83円(ストップ)

ドル買戻しの動きに伴い、ドル円は82円近くまで上昇しました。81.9円にストップがあったようですが、82円には届きませんでした。私は81.6円まで一旦落ちて、81.8円まで戻ってきたところでしっかり売りました。80円台は底堅そうなので、半分は81円で決算したいと思います。依然、ドル円の下落トレンドに変わりはありませんので半分はキープしたいです。しばらく様子を見てみましょう。