ドル急騰

アメリカ雇用統計発表

<ドル円>
21時30分に発表されたアメリカの10月非農業部門雇用者数は予想が6万人に対し、15.9万人ととても強い結果になりました。失業率は予想通りの9.6%でした。これを受けてドル円は81.4円付近まで急上昇しました。結果が強かったのでこのまま上昇するかも?と思ったのですが、売りに押されてしまいました。結局、私は何もせずじまいになりました。動きを見ていると邦銀を使った介入の時の動きにソックリです。吹値があって更に上昇しそうに強く見えて売り戻されるパターンです。今までの経緯を考えると、ドル円はもうしばらく下落トレンドになりそうです。今後も戻り売りで攻めたいと思います。

【ドルストレート】
・ポンドドル
雇用統計の結果を受けて急激にドルが強くなりました。ドル円よりもドルストレートの方が分かりやすかったので発表後に急激に下落したポンドドルで追っかけ売りをしました。1.620ドルで売り、1.6185ドルで決算しました。15pipsの儲けです!今回の雇用統計はあまり響かないイメージがあったのですぐに手仕舞いしました。その後反発されていますので、ドルストレートは強気を維持しそうです。
また来週も頑張りましょう。