オージードル下落

弱気のオージードル

<ドル円>
昨日のブログにも書きましたが、今まで売り込んできたポジションの手仕舞いが起こっているようです。そこで、どこまで戻すのか考えてみました。5月5日の94.98円の高値から急激に下落しています。底値は11月1日につけた80.24円です。これをフィボナッチリトレースメントで計算すると、38.2%戻しが85.87円にあたります。この数値は介入後につけた高値85.92円とほぼ同じ水準になります。ここら辺がドル円の戻しの限界だと思います。ドル円は去年と一昨年の年足がほぼ十字(同時線)で引けています。これはとても珍しいことです。そこから今年下離れしてきたわけですから、かなり下落バイアスは強いみこみです。テクニカルでは一分足より一時間足、日足より週足、月足より年足と、足が長いほうがより強い流れとなります。ですから、ドル円の下落トレンドはそうそう変わらないと予想します。さて、巻き返しの動きはしばらく続くのか?と言いますと、来週くらいにはおさまると思います。なぜならサンクスギビング前の手仕舞いだからです。では、そこから再び下落するか?というと、年末年始に向けてのポジション調整がありますし、クリスマス休暇の枯れ相場にもなりますので、あまり下落しないと思います。ただし、年末年始直前にはスワップポイント狙いの資源国通過買いがありますので注意が必要です。しばらく、分かりづらい展開が続く模様です。85円があれば売っていきたいと思います。

<オージードル>
オージードルは11月12日に日足でホリンジャーバンド中央を長い陰線で下抜けてから、弱い展開が続いています。本日はオージードルを追撃売りしました。0.9865ドルあたりで上値が重そうにしていたオージードルが吹値を出したので売りました。0.988ドルで売り、0.980ドルを下抜けたところで決算しました。0.988ドル(売)→0.979ドル(決算)です。90pipsの儲けです!オージードルはサポートとなる0.965ドルまでは下落すると思います。しかし、まだ中期は上昇なので、こまめに毎日決算しながらついていきたいと思います。

また明日も頑張りましょう。