レンジ相場

行って来いの相場

<ドル円>

ドル円は上昇トレンドに乗って83.5円をブレイクしましたが、その上はとても重そうな展開を繰り返しています。本日は83.1円~83.6円の範囲で、動きの少ないレンジ相場でした。22時30分に発表されたCPI(消費者物価指数)に注目が集まりましたが、予想が1.3%に対し結果が1.2%、CPIコア(食品とエネルギーを除いた数値)は予想が0.7%に対し結果が0.6%と若干弱かったものの取り沙汰されるほどの悪い結果ではなく、相場への影響は限定的でした。
ドル円はもう少し手仕舞いがあり、上昇しそうですが、明日様子を見て上値が重そうならば、軽く売ってみたいと思います。

<ユーロ>

本日はアイルランドのニュースが沢山流れました。アイルランドの国債が下って金利が上昇するという、あまり良くない方向に動いています。ギリシャ問題の時も同じことが起こり、ユーロが売られました。一部報道によれば、オーストラリア財相が「アイルランド問題はギリシャよりも迅速な行動が必要」と報じられました。しかし、EUやイギリスがアイルランド支援のコメントを発表すると、ユーロ売りは一服しました。本日はユーロが底堅く推移したので、軽く買っていきました。ユーロ円は112.35円で買い、そのまま上昇しましたが、112.75円で下落したので、再び112.7円まで戻ってきたところで決算しました。35pipsの儲けです!ユーロドルは1.347ドルで買い、1.352ドルで決算しました。50pipsの儲けです!
ユーロはアイルランドなど、なにか経済不振な報道が流れると下落してしまいますので、買いは恐る恐る手仕舞いしながらついていきます。
明日もアイルランド問題から目が離せませんね!頑張りましょう!