ドル買い

バーナンキFRB議長講演

<ドル円>
本日はバーナンキFRB議長の発言に注目が集まりました。事前に講演の原稿が「米経済を強固にする政策は、ドルを下支えする最善の方法で世界経済の回復を支援する」という内容であることが、情報として流れ、今月3日行われた量的緩和措置を擁護する内容のものであると確認できました。それを受けて、講演前までドル売り優勢になりました。講演は19時15分に講演は始まり、「米国の強い経済成長は世界的な景気回復を支援」「強い米経済はドル相場を支える」と、ドル安による米国経済回復が世界経済回復につながると、内外からの追加緩和の批判に反論しました。またまた「噂で買って真実で売る」で講演終了後、売られていていたドルは一気に反発して、ドル買いに進行しました。私は追っかけ買いを行いました。83.3円(買)→83.5円(決算)30pipsの儲けです!

【ドルストレート】
ドルストレートもFRB議長発言と同じタイミングでドル買いを行いました。
・ユーロドル
1.370ドル(売)→1.365ドル(決算)50pipsの儲け!
・ポンドドル
1.608ドル(売)→1.597ドル(決算)110pipsの儲け!

FRB議長発言があった7時15分過から3時間ほどポジションをホールドして決算しました。ユーロドルは発言後も一旦上昇し、強含みましたが、ドル買いに押されました。アイルランドの多重債務をEUなどが支援していることが好感されて、買戻しに向かっているようです。それに対し、ポンドは素直にドル買いに押されて下落しました。
少しづつでも狙える時は狙っていきましょう。また、来週も頑張りましょう。