ADP雇用統計

米国の強い指標

<ドル円>
・ポジション81.8円(売)→80.8円(ターゲット)83円(ストップ)

朝4時に発表されたFOMC議事録は変化に乏しい内容で反応は限定的でした。本日は22時15分の発表されたADP雇用統計と24時に発表されたISM非製造業総合景況指数に注目が集まりました。ADP雇用統計は予想が+10万人に対し、結果が+29.7万人とても強い結果になりました。これを受けてドルは急上昇し、ドル円も急上昇しました。次にISM非製造業総合景況指数は予想が55.7に対し結果が57.1と強い結果になりました。これもドル買いに動き、ドル円は上昇しました。これにより、私のポジションは残念ながら、ストップがついてしまいました。81.8円(売)→83円(ストップ)120pipsの損失です。やや損失が大きかったので残念です。今週は週末に米国の雇用統計を控えています。中期的なポジションは雇用統計の後に取りたいと思います。

<オージー円>
・ポジション 82.7円(売)→81.7円(ターゲット)83.7円(ストップ)

米国の強い指標によりリスク選好が進み、円が売られる展開になりました。ドル円・クロス円ともに急上昇し、オージー円も83円を超えて急上昇しました。しかし、83.5円上はやや強い抵抗がありますので、このままポジションは継続したいと思います。

<ポンド円>
昨日大きく上昇したポンド円を本日も買っていきました。アメリカのADP雇用統計の発表を受け、128円から一気に129円まで上昇しました。それを見て、128.5円まで押したところで押し目買いしました。決算は129円です。50pipsの儲けです!ポンドは強い流れになっていますので、押し目買いをしていけば安全に決算できると思います。

明日もまた頑張りましょう。