雇用統計

アメリカ雇用統計

<ドル円>
昨日は22時30分に発表された雇用統計と失業率に注目が集まりました。12月非農業部門雇用者数は予想が+15.0万人に対し、結果が+10.3万人と弱い結果になりました。12月民間部門雇用者数は予想が+17.8万人に対し、結果が+11.3万人と弱い結果になりました。12月失業率は予想が+9.7%に対し、結果が9.4%と強い結果になりました。これを受けてドル円は83.5円近辺から83円近辺まで急落しました。雇用者数の悪化が悪材料になったようです。しかしながら、83円がサポートになり、今のところ83円割れを回避しています。
ドル円は下がっても、底値は固く、買われそうな展開です。私は、雇用統計の発表を受けて急落し、反発してきたところを売りました。83.3円(売)です。しばらくキープしたのですが、83円が割れそうにないので83.05円で決算しました。25pipsの儲けです!ドル円は短期的には上昇トレンドになっていますし、底固く推移していますので、もし、押し目があれば買っていきたいと思います。

<ユーロ円>
ユーロ円もアメリカの雇用統計の発表の時にドル円に釣られて急落しました。ドル円同様、同じタイミングで売っていきました。108.1円(売)→107.9円(決算)30pipsの儲けです!108円のサポートを割れてしまいましたので106円あたりまで弱気に推移しそうです。

<オージー円>
・ポジション 82.7円(売)→81.7円(ターゲット)83.7円(ストップ)

雇用統計の発表と同時に急落しましたが、すぐに買われて反発しています。しかし、上値が重い展開が続いていますので、このまま様子見したいと思います。

また明日も頑張りましょう。