中古住宅販売件数

ドル堅調

<ドル円>
・ポジション82.7円(買)→83.7円(ターゲット)81.7円(ストップ)

20日、24時に発表された中古住宅販売件数に注目が集まりました。12月中古住宅販売件数(季節済・年率)は予想が487万件に対し528万件と強い結果でした。12月中古住宅販売件数(前月比)は予想が+4.1%に対し結果が+12.3%と、とても強い結果でした。これを受けてドルは急騰し、ドル円は83円を突破しました。22時30分に発表された新規失業保険申請件数も予想が42万件に対し、結果が40.4万件と予想外に強い数値でドル買いを後押ししています。米債利回りも上昇しており、ドルは好調に推移しています。このままターゲットまで待ちたいと思います。

<オージー円>

20日、朝6時45分に発表されたCPI(消費者物価指数)に注目が集まりました。Q4CPI(前期比)は+2.4%に対し、+2.3%とやや弱い結果になりました。Q4CPI(前年同期比)は予想が+4.1%に対し、結果が+4.0%とやや弱い結果になりました。結果はやや弱いものの予想範囲内であり、その後11時に発表される中国の指標に注目が集まりました。中国の指標は、強弱入り混じっていたものの、無難な結果に終わり、午前中オージー円は激しく上下する展開になりました。オージードルはパリティー(1.000ドル)上はとても上値が重そうにしています。やはり目先は中国の金融引き締めに注目が集まっているようです。しかしながら、豪ドルは底堅く推移していますので、下押しがあれば、買っていきたいと思います。

明日も頑張りましょう。