ISM

アメリカの強い指標

ドル円

3日、新規失業保険申請件数、失業保険継続受給者数、ISM非製造業総合景況指数に注目が集まりました。22時30分に発表された新規失業保険申請件数は、予想が42万件に対し、41.5万件と、強い結果になりました。失業保険継続受給者数は、予想が395万人に対し、392.5万人と、強い結果になりました。続く、24時に発表された1月ISM非製造業総合景況指数は、予想が57.2に対し、結果が59.4と強い結果になりました。これを受けて、ドル円は急上昇し、82円を超えて推移しました。しかし、82円超えはきつそうにしています。
2月1日の安値81.3円付近はかなり強いサポートになりそうです。81円LOWがあれば、買っていきたいと思います。

ユーロドル

本日21時45分に発表されたECB政策金利、トリシェECB総裁会見に注目が集まりました。政策金利は1.00%現行の見直しなしで1.00%のままでした。続く、トリシェECB総裁会見は、「インフレを非常に注意深く監視する」と発言し、利上げ期待感が遠のいたことからユーロ売りに繋がりました。私もその流れについて行きました。1.375ドル(売)→1.365ドル(決算)で100pisの儲けです!しかし、ユーロはまだ上昇バイアスが強いので、押しがあれば買っていきたいと思います。

また明日も頑張りましょう。