小売売上高

底堅い豪ドル

<ドル円>
4日に行われた雇用統計は強弱入り混じる結果で、あまり大きな動きはありませんでしたが、その後、ソリス米労働長官が、「雇用統計の結果は新規ビジネスの雇用増加分が加算されてない疑いもある」と、発言して、ドル買いに動きました。今週は国債の入札も控え、ドルキャリーの噂も流れています。私個人の感覚としては、ドル買いに分がありそうです。しかし、上値も重そうなので、逆張りになりますが、上昇したら、売っていきたいと思います。

<オージー円>
7日、9時30分に発表された小売売上高に注目が集まりました。小売売上高(前月比)は予想が+0.5%に対し、結果が+0.2%と弱い結果になりました。小売売上高(季調済)は、予想が-0.3%に対し、結果が-0.3%と同じ結果になりました。これを受けてオージー円は急落しました。しかし、底値はしっかりしていて、反発上昇しました。私も、しっかり上昇したところを見て、買っていきました。83.2円(買)→83.5円(決算)です。30pipsの儲けです!
オージー円の流れは強いですが、日足がホリンジャーバンドの+2.5σにタッチして買われ過ぎです。ここからついていくのはきついので、もう少し押しが入ってから、中期的に買っていきたいと思います。