新規失業保険申請件数

アメリカの強い指標

<ドル円>
・ポジション 82.5円(売)→81.5円(ターゲット)83.5円(決算)

10日、新規失業保険申請件数の発表に注目が集まりました。予想は41万件に対し、結果は38.3万件と強い結果になりました。同じ時刻に発表された失業保険継続受給者数は、予想が390万人に対し、結果が388.8万人と若干強い結果になりました。これを受けてドル円は上昇しました。ドル円は長い陽線の日足で引けそうですが、83円上は上値が重そうです。ポジションはキープしてこのまま様子見したいと思います。

<オージー円>
・ポジション83.6円(売)→83円(決算)84円(ストップ)

10日、9時半に発表された雇用統計に注目が集まりました。1月新規雇用者数(前月比)は予想が17500人に対し、結果が24000人と、とても強い結果になりました。失業率は予想が5.0%に対し、5.0%と同じ結果に終わりました。これを受けて、豪ドルは急上昇しました。その後も力強く上昇しています。なかなか底堅く推移していますが、ストップがつくまではポジションを継続したいと思います。

<ユーロドル>
・ポジション1.362ドル(買)→1.382ドル(決算)1.342ドル(ストップ)

9日、ユーロドルは強含んだものの、10日は利益確定の売りに押され弱含んでしまいました。しかしながら、底値は固く推移しています。このまま様子を見守りたいと思います。

<ポンド円>
・ポジション134.1円(売)→133.1円(決算)135.1円(ストップ)

10日、金利を据え置くことが発表され、一時、ポンド売りに傾いたものの、底堅く推移し、上昇しました。しかしながら、日足はホリンジャーバンドの+2.5σにタッチしました。買われすぎの状態なので、また逆張りになりますが、売っていきます。時間はかかるかもしれませんが、待ちたいと思います。

また明日も頑張りましょう。