中古住宅販売件数

リスク選好の流れ

<ドル円>
23日、ドル円は24時に発表された中古住宅販売件数に注目が集まりました。1月中古住宅販売件数(季節済・年率)は予想が522万件に対し、結果が536万件と強い数値でした。1月中古住宅販売件数(前月比)は予想が-1.1%に対し、結果が+2.7%と強い数値でした。しかし、アメリカ10年債の利回りが低下したことを受け、ドル円は高値から反落してしまいました。ドル円は82.5円にストップがあったようで、82.5円を割れると82.3円付近まで急落してしまいました。私は再び82.5円まで戻ってきたところで売りました。そして、82.2円で決算しました。30pipsの儲けです!ドル円は弱い動きですが、81円台は底堅いと思います。81円台があれば、買っていきたいと思います。

<ユーロ>
・ポジション ユーロドル1.362ドル(買)→1.382ドル(決算)1.342ドル(ストップ)

23日、NYダウ先物や日経平均がやや強気に推移し、リスク選好の動きが強まり、ドル売り・円売りの動きになりました。メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁やウェリンク・オランダ中銀総裁などによるECBの早期利上げをにおわせる発言により、ユーロは買われる展開になっています。私のポジションは、ターゲットに近づいてきました。このままターゲットまで待ちたいと思います。

また明日も頑張りましょう。