介入

協調介入の詳細

<ドル円>
協調介入の詳細が見えてきました。18日、G7の電話会議の後、本邦が9時に介入を行いました。介入の規模は2兆円を下回る額だったそうです。介入を行ったことでドル円は跳ね上がりました。その後も、各国からの介入が相次ぎました。米連邦準備理事会(FRB)、イングランド銀行(英中銀)、カナダ銀行(中央銀行)、欧州中央銀行(ECB)が円売り介入に参加したことを表明しました。各国の円売り介入はヨーロッパ時間、そしてNY取引が始まる21時前に行われました。ですから、日本時間の朝から昼間は何度も介入が行われ、21時にも介入がおこなわれる噂が流れていましたので、積極的に売りをしかける人はあまり見られませんでした。買いのストップをドンドンつけて、上昇すると、殆どポジションのなくなった82円が重しになりました。ここから82円を上抜けできるのかが正念場ですね。来週の月曜日はしっかり様子を見たいと思います。私の予想では、82円を抜けても83円は難しいと思います。83円で売り仕掛けしたいと思います。

<オージー円>
・ポジション74.8円(買)→81.5円(決算)76円(ストップ)

オージー円は協調介入を受け急上昇し81.4円付近まで上昇しました。81.5円に決算注文を出していたのですが、ギリギリつかなかったようです。このポジションはスワップポイント稼ぎのポジションとして残したいと思います。極端な円高が進めば介入警戒感が働くので、これから先しばらくの間は極端な下落はないと思います。ストップは利益確定のため76円に変更です。しばらく寝かせておきます。

また来週も頑張りましょう。