耐久財受注

アメリカの弱い指標

<ドル円>
24日、21時30分に発表された耐久財受注と新規失業保険申請件数に注目が集まりました。2月耐久財受注(前月比)は予想が+1.2%に対し結果が-0.8%と弱い結果になりました。2月耐久財受注(除輸送用機器・前月比)は予想が+2.0%に対し結果が-0.6%になりました。
新規失業保険申請件数は予想が38.3万件に対し結果が38.2万件とやや強い結果になりました。失業保険継続受給者数は予想が370.0万人に対し372.1万人と弱い結果になりました。これを受けてドルが売られ、ドル円は下落しました。しかし、80.8円がサポートとなり、なんとか80.9円あたりをキープしています。ドル円はこの所、80.8円~81円付近という狭いレンジ相場になっています。私が見た所、上を目指しているようですが、81.15円にオプションが設定されていて、これを超えることができません。81円付近で売ってしまおうかなぁと思ってもいるのですが、焦るとあまりいい結果が出ないので、ここは少し我慢して、81.2円あたりを待ちたいと思います。クロス円に釣られて上昇しないかなぁと思っているのですが、対円で資源国通貨は上昇しているけれど、ポンドが下落しているので難しそうですね。
もし、81.2円を突破したとしても81.25円にまたもやオプションが設定されています。また足踏みしそうです。それを超えたとしても81.5円は輸出の売りが並んでいます。ですから、81.2円あたりで軽く売って、超えてきたら81.5円あたりでしっかり売りたいと思っています。

<NZ円>
24日、6時45分に発表されたGDPに注目が集まりました。Q4GDP(前期比)は予想が+0.1%に対し結果が+0.2%と強い結果になりました。Q4GDP(前年同期比)は予想が+0.7%に対し結果が+0.8%になりました。これを受けてNZ円は上昇しました。私もその流れについていきました。60円(買)→60.5円(決算)です。50pipsの儲けです!GDPは重要指標ですので、少しでも強い結果になると、しっかり上昇しますね!指標発表の時にチェックすると、わりと儲けやすいですよ^^

また明日も頑張りましょう。