出口戦略

ADP雇用統計発表

<ドル円>
30日、ADP雇用統計に注目が集まりました。3月ADP雇用統計(前月比)は予想が20.8万人に対し、結果が20.1万人と、弱い結果になりました。これを受けて、ドルはやや売られました。あまり売られなかった理由は、そこまで結果が悪い訳でないこともありますが、
またもや出口戦略に言及する発言があいついだからです。ホーニグ・カンザスシティ地区連銀総裁が「FRBは政策金利を短い期間に1%へと引き上げるべき。政策金利の中立的な水準はおそらく2%超だろう」と、利上げに関する発言がありました。それから、ブラード・セントルイス地区連銀総裁は「世界的な混乱が続いていても、FRBは金融政策の正常化を開始する可能性があるだろう」と、出口戦略をにおわせる発言がありました。あいつぐ出口戦略へ向けての発言により、ドル円は83円を超えて、強気に推移していました。私は83円にストップがあると思い、83円に逆指値で注文を出しておきました。83円(買)→83.2円(決算)20pipsの儲けです!当面は出口戦略の期待感から、ドルは底堅く上昇しそうです。

<ポンドドル>
本日もポンドドルを売っていきました。1.607ドル(売)→1.602ドル(決算)です。50pipsの儲けです!ポンドドルは50pipsづつこまめに決算していくのが安全なようです。

また明日も頑張りましょう。