PPI

G20開催中

<ドル円>
14日、新規失業保険申請件数とPPIに注目が集まりました。新規失業保険申請件数は予想が38.0万件に対し、結果が41.2万件と弱い結果になりました。同時に発表された失業保険継続受給者数は(前年比)は予想が370.5万人に対し、結果が368.0万人とやや弱い結果になりました。3月PPI(前年比)は予想が+6.1%に対し、結果が+5.8%と弱い結果になりました。3月PPIコア(除く食品とエネルギー部門・前年比)は予想が+1.9%に対し、結果が+1.9%と同じ結果になりました。これを受けてドルは売られ、ドル円は83円を割れてしまいました。しかし、その後は反発上昇しました。私は83円に逆指値でストップ売りのオーダーを出していましたが、予想に反してストップはあまりなく、反発上昇したためストップがついてしまいました。83円(売)→83.5円(ストップ)50pipsの損失です。なかなかドル円は下値が固いですが、上値も重そうな動きをしています。ドル円は方向性に欠ける動きをしていて、調整の売りなのか、本格的下落なのか、もう少し様子を見ないとなんとも言えません。
ただし、G20財務相・中央銀行総裁会議で、再び円高になったならば、再び協調介入をすることについて協議したというニュースが流れましたので、底堅い動きが続くと予想されます。
また明日も頑張りましょう。