CPI

中国の強い指標結果

<オージー円>
・ポジション 85.04円(買)84.6円(買)→86円(決算)83.5円(ストップ)

13日、オーストラリアは女王誕生日で休場、スイスは聖霊降臨祭月曜日で休場でした。海外の指標発表はなく、動意に欠ける展開でした。月曜日の早朝は、ドル円・クロス円ともにやや下に窓をあけて取引を開始しました。すぐに窓を埋めて上昇しましたが、ほぼレンジ相場になりました。
14日、中国の指標に注目が集まりました。5月CPI(前年比)は、前回の結果が+5.3%でした。今回、予想は5.5%に上昇修正されていました。結果は5.5%で予想通りでした。5月PPI(前年比)は、前回の結果が+6.8%でした。今回、予想は+6.5%に下降修正されていました。結果は+6.8%で予想よりも強い結果になりました。5月鉱工業生産(前年比)は前回の結果が+13.4%でした。今回は+13.1%に下降修正されていました。結果は+13.3%で予想よりも強い結果になりました。5月小売売上高(前年比)は、結果が+17.1%でした。今回は予想が+17.0%に下降修正されました。結果は+16.9%とやや弱い結果でした。PPIと小売売上高が予想よりも強い結果でしたし、小売売上高の悪化もさほど悪くなかったので、指標結果に好感して資源国通貨が買われました。しかし、現在13日の高値である85.3円付近が意識され、85.3円をなかなか抜けない状態です。
私の考えは、月曜日、窓を下につけたもののしっかり窓を埋めましたし、底堅い動きをしているので、このまま上昇すると予想しています。このままターゲットである86円に向かって行って欲しいものです。ところで、オージー円のスワップは美味しいですね!6月8日からずっとキープしているので、スワップだけでかなり儲かりました^^押し目があれば、また買っていきたいです。
また明日も頑張りましょう。