来週の予想

今週のまとめと来週の予想

<気になる通貨まとめ>
【ドル円】
日足ベースでは、7月1日と7月7日に長い下髭を出しており、87・5円より下は底堅いことを示しています。また、3日連続で陽線引けしており、その形状が陽線の上に陽線が重なるように並んでいます。この形状は、とても強い上昇を意味し、追っかけ買い、追撃買いで攻めるのが有効な戦略です。しかし、木曜日の大陽線の上に金曜日の小さい陽線がのっかっている形なので、上値が重いことも予想できます。実際に、89円に強いレジスタンスがあるので、簡単には上抜けできず、何度か壁にぶつかって反落し、再トライすることが予想できます。あまり深追いをしないように。
週足ベースでは、下落基調で下値を試す動きをしている状態です。しっかり足元が固まってくれば上昇してくるでしょう。しかし、下値を試す動きが失敗してサポートが切れれば下落に転じてしまいますので、ストップは必ずつけておきましょう。
来週は、89円下では追っかけ買いもしくは押し目買い、90円上があれば売っていきたいと思います。

【クロス円】
・ユーロ円
金曜日の日足が十字の形になっており、上昇か下落のどちらか一方に抜ける動きになりそうです。ホリンジャーバンドの+1σのところに位置し、とても不安定で、113円に強いレジスタンスがあるので個人的に下落ではないかと予想しています。
週足では足元を固めて上昇する気配がみれます。しかし、反発力が少ないので、足元固めにもう少し時間がかかるか、再下落が予想されます。
来週は様子見か113円上で軽く売ってみたいと思います。

・ポンド円
日足で下落基調にあるものの底堅く、上値も重い展開です。ホリンジャーバンドの中央に位置し、気迷ってる形になっています。
週足では小さい十字の形で引けており、本来ならば、どちらか一方に動くサインなのですが、小さい実態の週が7週連続つづいており、かなり上値も下値も固く、身動きがとれない状態になっています。
来週は様子見か大きく動くようであれば順張りでついていきたいと思います。ですが、注意しないといけないのは、一方方向に動くようにみせる「騙し」が多く発生しそうなので、ファンダメンタル的に大きなニュースがあるなど、しっかりと方向性を確認できてからついていきたいです。

・オージー円
4日連続の陽線引けで強気の状態を維持しています。しかし、木曜は長い陽線ですが、直前の金曜の陽線は小さいので上値が重い状態です。ホリンジャーバンドのちょうど真ん中に位置し、不安定な状態になっています。
週足はホリンジャーバンドの-1σから頭を少し出した状態で、バンドも広がってきているので続落が予想されます。79円上は上値がかなり重いと予想されるので、戻り売りで望みたいです。

・加ドル円
日足は4日連続の陽線引けで、陽線も長く、まだまだ伸びが期待できます。但し82.2円に強めのレジスタンスがあり、注意が必要です。
週足はホリンジャーバンドの-2σでしっかりサポートされて底堅い格好なので、続伸が期待できます。来週は押し目買いで望もうと思います。

・NZ円
日足は4日連続の陽線引けで、実態の長さもしっかりしているので続伸が期待できます。64円近くまで伸びそうな気配がします。
週足は底堅い状態が続いています。来週は押し目買いで望もうと思います。

【ドルストレート】
・ユーロドル
日足はホリンジャーバンドの真ん中からしっかり上抜けて+2σまで伸びています。今後は+1σでサポートされて続伸が期待できます。
週足は上下に髭を出して引けていて、気迷っている状態です。しかし、-1σを実線で抜けてきているので、ホリンジャーバンドの真ん中付近まで伸びてくることが予想できます。
来週は押し目買いで望みたいです。

・ポンドドル
日足はホリンジャーバンドの+1σにサポートされて堅調な展開です。しかし、1.52ドルに頭を抑えられている格好なので、反落の危険があります。
週足は先週の足が下髭の長い陽線でしたが、今週は先週とほとんど一緒の大きさの実態で陰線で引けています。これは上値が重くなっている状態を表しています。
来週は戻り売りで望みたいです。

<来週の重要指標>
水曜日 FOMC議事録
木曜日 日銀政策金利発表及び声明文の発表があり、総裁の会見もあります。

今週は反転の兆しがみえましたが、あまり力強くないので少し心配です。
来週は相場が動くような予感がします。
来週も頑張りましょう。