ポンド強気

ポンドの利上げに期待感高まる

ユーロ円は今月9日に112.64円をつけた後、上値を切り下げる動きをしていたので、112円まで戻ってきたところを売りました。16時半ごろにアメリカの格付け会社のムーディーズ・インベスターがポルトガルの格付けをAa2からA1に2段階格下げを発表し、ユーロの財政不安が再び注目され、ユーロ売りが一気に進みました。111円付近にストップが隠れていることを予想してターゲットは110.8円に設定しておきました。
結果はみごと120pips儲けました!
更に、ユーロドルは先週から強気だったので、ユーロ安が一服したところで買いを入れました。
1.2527ドルで買い、ターゲットは急落する前のサポートである1.2585ドルです。
58pips儲けました!
また、17時半に発表されたイギリスのCPI(消費者物価指数)、CPIコア(変動が大きい食品とエネルギーを除いた消費者物価指数)、小売物価指数、DCLG(イギリスコミュニティイ地方自治省)が発表したイギリスの住宅価格の指数がすべて予想よりも強く、追っかけ買いをしました。1.5015ドルで買いターゲットは1.5115ドル。
結果はみごと100pips儲けました!

本日はユーロの財政不安が再び取沙汰されたことが気になりました。
この問題はしばらく尾を引きそうなので、ユーロを買う時は、こまめに利食った方がいいかもしれませんね。
ポンドは指標が強かったので利上げ期待感からポンド買いの流れになるかもしれません。
円は強そうなので、ポンドドルかユーロポンドで取引すると、しっかり儲けられるでしょう。
また明日も頑張りましょう!