RBA

RBA議事録公表

<オージー円>
・ポジション 83.8円(買)→86円(決算)82円(ストップ)

18日、月曜の早朝、やや下に窓を開けて取引を開始しました。窓を埋めたものの戻りは弱く、下値を探る展開となりました。83.5円がサポートとなり小反発しましたが、上値は重そうにしていました。
19日、10時30分にRBA理事会議事録が公表されました。内容は「若干引き締め気味の政策が引き続き適切」「11年GDP、これまでの予想ほど強くない可能性も」「住宅市場が軟調であり、家計は支出に慎重になっている」「インフレの強さの分析にはさらに時間が必要」という内容でした。6月までは「ある時点で一段の引き締めが必要」という文言が書かれていましたが、それがなくなっていたことが印象的でした。これを受けて、利上げ期待感が後退し、豪ドルは、対ドル・対円ともに急落しました。しかし、その後は底堅く推移しています。
私の予想では、一部では12月に利下げ観測も出ていますが、中国の指標も好調ですし、そこまで深刻ではないと思います。よって、オージー円は、上値は重いでしょうが、底堅く上昇すると思われます。ですから、ポジションはキープしますし、もし83円付近の押し目があれば、買い増ししたいと思います。
また明日も頑張りましょう。