首脳会議

ユーロ堅調

<ユーロドル>
21日、ユーロ圏首脳会議が開かれました。会議では1090億ユーロのギリシャに対する第2次支援が決定しました。また、EFSF(欧州金融安定ファシリティー)やECB次第で流通市場への介入が可能という合意を得られました。これにより、ソブリンリスクが後退し、ユーロが積極的に買われました。私も流れについていきました。1.420ドル(買)→1.435ドル(決算)で130pipsの儲けです!リスク選好でドル売り・円売りの流れであった為、ユーロは対円よりも対ドルの方がしっかり伸びました。ユーロドルは依然強気を保っています。もし、押し目があれば、また買っていきたいと思います。

<ドル円>
・ポジション78.8円(売)→78.4円(決算)79.5円(ストップ)

リスク選好の動きが強くドルは冴えない展開となりました。またもや日本時間の早朝に売りじかけされ、ストップを巻き込んで78.2円付近まで急落しました。私のポジションはターゲットに到達しました!40pipsの儲けです!
このところ急落するのは、いつも朝の5時頃です。この時間は要注意です。逆張りを狙うならば、朝の6時半に起きれば、底値付近を拾うことができます。しかし、ドル円は反発が鈍いですので、底値を買っていくよりも、戻り売りで攻めた方が無難でしょう。いずれにしても、朝起きたらチャートを確認するといいですよ。
また来週も頑張りましょう。