ユーロ下落

上値の重いユーロ円

本日は、昨日の流れを汲んでポンドが強気でした。
私も昨日同様、ポンドドルの買いで望みました。
1.52ドルを切れた1.5196で押し目買いました。ターゲットは1.5260ドル。
みごと60pipsの儲けです!
また、ユーロ円が心理的な節目である113円に達したので113.1円で売りました。
その後、113.2円のストップも越えてきたので、再度113.2で売り増し(ナンピン)しました。
ナンピンはFXをする上で「やってはいけない」という人もいますが、私はナンピンなしでは勝てないと思っているので敢えてナンピンします。
ナンピンもハイレバレッジも似たようなもので、リスクが高くなるので初心者の方にはお勧めできません。
しかし、セリングクライマックスの頂点を的確に当てるテクニカルツールもありませんし、ファンダメンタルズ分析もありません。
現在の技術では、頂点をピッタリ当てる確かなものがないので、どこが頂点なのか分かる術がないので、ナンピンしていきます。
しかし、これは繰り返しになりますが、ハイレバレッジと同じ取引になりますので危険を伴います。ですから、とても確信がある時にしか使いません。
ユーロ円にとって113円は大きな節目であり、抜けたとしてもその後、上値が重いことが予想されます。
ですから、114円まではナンピンしてついていこうと思います。

今年の5月6日に大暴落があり、私もちょうど起きてチャートを見ていた時でとてもビックリしました。翌日のニュースでもピックアップされ、一部、株の操作を誤った人的ミスで暴落したと報道が流れました。相場が堅調だっただけに「ありえない!」と思うくらい市場の反応はビックリでした。その後、市場も素直に反発して、70~80%値を戻しましたが、わずか3日後に下落シナリオは再びスタートし、5月20には再暴落しました。
これは、もはや人的ミスではなく「あるべき方向(下落)」に向かっていると私は思います。
特にユーロは、ユーロスイスで、スイス中央銀行がことあるごとに介入してユーロを買ってスイスフラン高を避けて成り立っていたレートなので、介入をやめれば「あるべきレート」に戻るために下落するのが自然の成り行きだと思っています。
ですから、個人的に「円高・スイスフラン高でユーロ安」に傾くとかなり強く思っているので、確信を持ってナンピンしています!
今日113.1円と113.2円で売ったユーロ円は112.1円で決算しました。
100pipsと110pipsの儲けです!
ユーロ円はまた値を戻してきたら売りたいと思います。
では、明日も頑張りましょう。