GDP

ドル売りの流れ

<ポンドドル>
26日、ドルは債務問題の解決策がハッキリとしないことから、弱い展開が続きました。そんな中、17時30分に発表されたイギリスGDPに注目が集まりました。Q2GDP(速報値・前期比)は前回の結果が+0.5%でした。今回、予想は+0.2%と下方修正されていました。結果は+0.2%と予想と同じ結果でした。Q2GDP(速報値・前年同期比)は、前回の結果が+1.6%でした。予想は+0.8%に下方修正されていました。結果は+0.7%と予想よりもやや弱い結果でした。しかし、GDPが発表される前に結果が弱いであろうという噂が流れていて、ポンドは軟調に推移していたため、結果が発表され、ほぼ予想と同じであったという安心感からポンドは買われ、ポンドは急騰しました。ドル売りの流れの中、ポンドドルは、1.6328ドル付近から1.6411ドル付近まで急騰しました。私もこの流れについていきました。1.6380ドルで買い、1.6433ドルで決算しました。530pipsの儲けです!ポンドドルはその後も底堅く上昇しています。他のドルストレートも上昇しています。債務問題にかたがつくまでは、ドルストレートは堅調に推移しそうです。

<オージー円>
・ポジション 83.8円(買)→86円(決算)82円(ストップ)

27日、10時30分に発表されたオーストラリアCPIに注目が集まりました。Q2CPI(前期比)は前回の結果が1.6%でした。今回、予想は+0.7%に下方修正されていました。結果は+0.9%と予想よりもやや強い結果になりました。Q2CPI(前年同期比)は前回の結果が+3.3%でした。今回、予想は3.4%に上方修正されていました。結果は+3.6%と予想よりもやや強い結果になりました。これを受けて豪ドルは急騰しました。特に債務問題で弱くなっている対ドルの上昇が大きかったです。対円も上昇し、86円を超えてきました。私のポジションはみごとターゲットに到達しました!220pipsの儲けです!少し到達するまで長かったですが、しっかり稼げてうれしいです^^豪ドルは押し目があれば、また買っていきたいです。今度は対ドルで買っていきたいと思います。
また明日も頑張りましょう。