米国債

米国債問題

<ドル円>
ポジション 77.98円(買)→78円(ターゲット)77円(ストップ)

さきほど、大村愛知県知事の円高是正要請に対し、与謝野経済相から『介入』に関する発言がありました。与謝野経済相は「介入について、米債上限引き上げ問題見極める」「為替、当面は8月2日が焦点となる」「1~2兆円の介入はなかなか難しい」という発言をしました。これを受けて、急速に円高が進み、ドル円・クロス円共に下落しました。つまり、「8月2日までは介入しない」と、とれる内容の発言になります。では、8月2日は何があるのか?と、いうと、米国債の交渉期限にあたります。米国債の問題は深刻で、オバマ大統領と米下院共和党で14兆3000億ドルの米国債の上限を引き上げる話し合いが持たれていましたが、話し合いは難航し、米下院共和党のベイナー氏は、オバマ大統領が高額所得者と企業への増税に関して歩み寄りがなかったことを理由にして、交渉に応じないとの見解を示しました。8月2日が交渉の期限とされており、8月2日までに何らかの合意がなければ、米国債はデフォルトに陥るとの見方がでています。更に米国債の格付けが引下げられることになるでしょう。これにより、米国債の金利が上昇します。米国債の金利上昇は、アメリカのみの問題ではないというアナリストもいます。米国債が金利上昇すれば、日本やその他各国の金利が上昇し、世界経済自体が危なくなる恐れがあります。特に、東日本大震災で痛手を負っている日本にとっては、金利上昇と円高はダブルの痛手で、そのダメージは計り知れないものがあります。
さて、私はドル円の買いポジションを持っているのですが、なんだかあまりいい感じはしません。77円にストップを置いています。もし、ドル円の買いポジションを持っている人がいれば、必ずストップを置いてください。クロス円もストップを置いておいた方が無難でしょう。8月2日に何の解決策もなければ、どこまで下落するか予想がつきません。逆に解決策が見つかれば、ドルが売られ過ぎですので、ドル買いになると思います。
しつこいようですが、ストップを絶対置いて下さいね!FXは大損しなければ、儲かるチャンスはいくらでもあります。
また明日も頑張りましょう。