政策金利

豪ドル軟調

<オージー円>
・ポジション 83.9円(買)82.5円(買)→86円(決算)79円(ストップ)
       
2日、13時30分に発表されたRBA政策金利に注目が集まりました。現行4.75%の政策金利に対し、予想は4.75%の据え置きでした。結果は予想と同じ4.75%の据え置きになりました。政策金利は予想通りの据え置きだったのですが、声明文が先月の内容と同じで、金融引き締めに慎重な構えだったので、利上げ期待感が遠のき豪ドルは売られました。オージー円は85円付近からジリジリと下落しました。
そして、3日、10時30分に発表された貿易収支と小売売上高に注目が集まりました。貿易収支は、前回の結果が+23.33億豪ドルでした。今回、予想は+22.00億豪ドルに下方修正されていました。結果は、20.52億豪ドルと予想よりも弱い結果でした。小売売上高(季節調整済・前月比)は、前回の結果が-0.6%でした。今回、予想は+0.4%に上方修正されていました。結果は-0.1%と予想よりもとても弱い結果でした。昨日から軟調に推移していたオージー円は82.4円付近まで下落してしまいました。私は、押し目買いで82.5円で買い増ししました。
さて、アメリカの国債問題ですが、国債上限の問題は昨日合意に達したのですが、格付け会社のムーディーズは米国のトリプルAの格付けはそのものにしたものの格付け見通しはネガティブに変更しました。心配されていた格下げは回避できたものの、まだまだ格下げの可能性は残されています。もし、格下げされると、リスク回避の円高になります。そうなるとクロス円も下落します。私は、オージー円の買いポジションを持っていますが、まだまだ下がる可能性があります。私は、もし下がったら、もう一度買い増ししようと思っています。オージー円はスワップが美味しいのでスワップ狙いで中長期的ポジションのつもりで買っています。ですから、オージー円を買う人がいれば、もっと下がっても耐えられるくらいの資金範囲で買うと良いでしょう。今は、急落する危険性があるので、無理して買わずに様子見するのもいいかもしれませんね。ストップは79円に変更します。
また明日も頑張りましょう。