ドル売り

ドルが売られました

本日未明に発表されたアメリカFOMC議事録では景気回復の後退が織り込まれた内容でした。
FOMC議事録の内容を受け、ドルは売られました。
ドルが弱っているときは、ドルを売らなければいけませんね^^
本日も昨日同様、好調のポンドを買ってドルを売りました。ポンドドルで買いです。
1.26ドル切れたところで、1.255ドルで押し目買いしました。ターゲットは1.355ドルです。
結果は100pipsおいしくいただきました!
円も強いですから、円に対してもドルを売るのが有効と考え、ドル円を88円を超えてきたところで売りました。目標は87.5円割れです。
結果88.2円(売)→87.3円(決算)
90pipsの儲けです!
スイスフランも強いのでスイスフランドルを売っていたのですが、これはエントリータイミングが悪くストップがついてしまいました。
1.053(売)→1.054(決算)
100pipsの損失です。
ちょっと売るのが早すぎたようでした。ストップがついた後、下落したので残念でした。
また、ユーロ円は昨日の高値を越えてきたのでこれも昨日同様、売りました。
113.3円で売り112.3円で決算です!
こちらはあっさり決まってラッキーでした^^

本日はスイスフランがストップがついて残念でしたが、ドル安・円高・スイスフラン高というファンダメンタルズ分析があっていたので方向性はバッチリでした。
しかし、ドル円が89円を越えるのが難しいのを見るように、先週からの反発がいまひとつなので、この下落の流れはあまり長くないかもしれないと思っています。
ここから先は、様子見か深追いせずに慎重に攻めた方がいいかもしれませんね。