インフレレポート

スイスフラン高騰

<ポンドスイスフラン>
一昨日は、だいぶリスク回避の動きが収まってきたような気がしたのですが、昨夜はダウ平均が大暴落するなど、やはりリスク回避の動きが高まっているようですね。リスク回避の動きが高まると、円やドル、スイスフランが買われます。「有事のドル買い」「有事のスイスフラン買い」と、言って、ドルやスイスフランが安全だと思われ、買われています。しかし、スイスフランの高騰は異常とも言っていいほどですね。スイス政府が本当に可愛そうになってしまいます。
昨日は、BOE(イングランド銀行)による四半期インフレレポートが公表されました。これによると「経済成長見通しは5月時点より弱い」「下向きのリスク」と発表され、ポンドが軟調になりました。ポンドは9日に発表された鉱工業生産指数や商品貿易収支などが予想よりもかなり結果が弱かったので軟調に推移していたところにインフレレポートの弱気な発言が重なり、更に軟調に推移しました。強いスイスフランに対し弱いポンドなので、ポンドスイスフランは急落しています。ここは波に乗って流れについていきました。1.185ドル(売)→1.170ドル(決算)で50pipsの儲けです!
そろそろリスク回避の動きが収まって欲しいものです。ドル円もリスク回避の動きを受けて76円ミドルで取引されています。76円LOWを下抜けすると、どこまで下落するか分かりません。ポジションには注意しましょう。特に朝の5時頃は要注意です!(私は朝の4時半に起床する癖がついてきました^^;
また明日も頑張りましょう。