小売売上高

小売売上高発表

<ドル円>

12日、21時30分に発表された小売売上高に注目が集まりました。小売売上高(前月比)は前回の結果が+0.3%でした。予想は+0.5%に上方修正されていました。結果は+0.5%と予想と同じ結果でした。小売売上高(除く自動車・前月比)は、前回の結果が+0.2%でした。今回は+0.3%に上方修正されていました。結果は+0.5%と予想よりもやや強い結果でした。指標結果を好感されて、ドルが買われ、ドル円は上昇しました。しかし、22時55分に発表されたミシンガン大学消費者信頼感指数(速報値)は、前回の結果が63.7で予想が62.0、これに対し結果が54.9と予想よりも弱い結果になり、ドル買いの流れは続きませんでした。しかし、それでも、ドル円・クロス円と共にジリジリと上昇しましたが、週末の手仕舞いにおされ、NYクローズ直前に急落してしまいました。
ドル円もクロス円も方向性としては上昇を試しているように見えます。しかし、上値が重く、なかなか上昇するのが難しいようです。ドル円は一時77円台を回復しましたが、その後急落して、76.5円付近まで落ちています。押され方を見ていると77円台付近はかなり売りが厚いようです。私も今度77円付近まで上昇したら軽く売っていきたいと思います。
また来週も頑張りましょう。