耐久財受注

日本国債格下げ

<ドル円>
・ポジション76.8円(売)→76.1円(決算)78円(ストップ)

日本の国債が格下げになってしまいましたね。24日、アメリカの格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは日本の国債をAa2からAa3に引き下げをしました。格下げの理由は多額の財政赤字、景気後退による政府債務の増加などです。また、首相が頻繁に交代していることも、長期的な経済・財政戦略の妨げになっていると述べていました。そろそろ菅さんも辞めそうですが、次は誰が首相になるのでしょうか?前原前外務大臣の声が挙がっているようですが、とんでもないことですね。ニュースでは殆ど報道されていませんが、菅さんは外国人から献金を受けるという大きな罪を犯し、刑事訴追されています。首相を降りれば逮捕されることは間違いないでしょう。前原さんも外務大臣を途中で辞めた理由は政治献金絡みが理由で、訴追されそうになって辞めました。なのに、一国の首相に返り咲くなんてあり得ないことです。また刑事訴追されることは明らかなのですから。政策や政治手腕の前に犯罪者が首相になるなんて、また短命内閣になるのでやめて欲しいものですね。
さて、格下げの相場への影響はやや円安方向に動いています。また、24日の21時30分に発表された耐久財受注(前月比)は予想の+2.0%に対し、結果が+4.0%と予想よりも強く、耐久財受注(除く輸送用機器・前月比)は予想の-0.5%に対し結果が+0.7%と、とても強い結果になりました。この強い指標結果を受けて、ドルが買われ、ドル円は上昇しました。クロス円も円安の影響を受けて上値が重いながらも上昇しています。リスク回避も一服しているので、少し巻き返しで上昇するかもしれません。私は、ドル円を76.8円で売っていますが、もう少し戻せば、また売り増ししていこうと思っています。
また明日も頑張りましょう。