雇用統計

雇用統計発表

<ドル円>
・ポジション76.8円(売)→76.1円(決算)78円(ストップ)

2日、21時30分に雇用統計が発表されました。非農業部門雇用者数は前回の結果が+8.5万人でした。今回は予想が+6.8万人に下方修正されていました。結果は0.0万人と予想よりもかなり弱い結果になりました。民間部門雇用者数は前回の結果が+15.4万人でした。今回は予想が+9.5万人に下方修正されていました。結果は+1.7万人と予想よりもかなり弱い結果になりました。失業率は前回の結果が9.1%でした。予想は9.1%と据え置きでした。結果は9.1%と予想と同じ結果でした。非農業部門雇用者数と民間部門雇用者数の弱い指標結果を受けてドルが売られ、ドル円は76.8円付近から76.5円付近まで急落しました。しかし、76円LOWは介入警戒感からしっかりと守られています。結局、買い戻されて発表前の76.8円あたりで引けています。
ドル円は下落バイアスが強いものの介入警戒感からしっかり守られているようです。しかし、上昇すれば、どんどん売られてしまうので、結局レンジ相場が続いています。私は下抜けすると思っています。たとえ77円台にもどしても78円を超えるのは難しいと思っています。77円ミドルあたりまで戻せばどんどん売っていきたいと思います。
また来週も頑張りましょう。