ギリシャ

ギリシャ国債利回り上昇

<ユーロドル>
・ポジション 1.415ドル(売)→1.405ドル(ターゲット)1.430ドル(ストップ)

5日、ギリシャ2年債利回りが史上初めて50%を超えてしまいました!利回りとは、人気があり、沢山債券を買いたい人がいれば、利回りは下がります。利回りが上がるということは買いたい人が少なくて人気がないということになります。こうなると、ドイツ国債との利回りの格差も拡大します。ギリシャの10年債利回りからドイツ10年債利回りを引くと17.5%程度まで拡大していました。前日は16.274%だったので120bp程度拡大したことになります。ドイツ国債との利回り拡大は、ギリシャだけにとどまらず、ポルトガル・イタリア・アイルランドなどのソブリン周縁国も軒並み拡大しました。これはとても危険な状態ですね。またもやソブリンリスクが再燃しそうです。また、格付け会社のムーディーズがイタリアの格下げを行うとの噂も流れました。
私はこの流れに乗ってユーロを売っていきました。1.415ドルで売りです。しばらくホールドしたいと思います。ソブリンを巡るニュースや利回りには注意をした方がよさそうです。ユーロを買いで持っている人は急落する危険がありますので、必ずストップ注文を出しておきましょう。
また明日も頑張りましょう。