スイス

スイスフラン高騰

<ユーロスイス>
以前、ブログで、リスク回避が進みスイス政府が可愛そうなくらいスイスフランが高騰していると書きましたが、さすがにスイス政府はもう耐えられなくなって、黙っては居られなかったようです。スイス中銀は「現在から直ちに、ユーロスイス相場が1.20フランを下回ることを容認せず」「無制限の(ユーロ買いスイス売り)介入を実施する」と発表しました。なんだか日本政府のハッキリしない介入宣言に比べるとカッコよく聞こえてきました。日本も「76円下回ることを容認しない!無制限に介入を実施する!」などと強い態度で臨んで欲しいものです。
さて、この発言を受け、ユーロスイスは1.18フラン付近から一気に1.2018フラン付近まで急騰しました。その後横ばいを続けています。今後はユーロスイスが下がって1.20に近づいたら、買うといいかもしれませんね!私は1.21フランで買い注文を出しておきました。また、ユーロで介入を行うとハッキリ明言しているので、ユーロが下支えされるでしょう。ドルもスイスフランと同様、安全資産として買われることが多いので、ここはユーロポンドで押し目を狙って買っていきたいと思います。

<ユーロドル>
・ポジション 1.415ドル(売)→1.405ドル(ターゲット)1.430ドル(ストップ)
昨日とったポジションがターゲットに到達しました!100pipsの儲けです!うまく利食えてよかったです!

<オージー円>
・ポジション 81円(買)→82円(決算)80円(ストップ)

6日、10時30分に発表された経常収支と住宅ローン許可数に注目が集まりました。前回のQ2経常収支は前回の結果が-104.47億豪ドルでした。予想は-71.00億豪ドルに上方修正されていました。結果は-75.19億豪ドルと予想よりも弱い結果になりました。住宅ローン許可件数(前月比)は前回の結果が0.0%でした。予想は+1.5%に上方修正されていました。結果は+1.0%と弱い結果になりました。これらの弱い指標結果を受けて、豪ドルは売られ、オージー円は下落しました。その後、13時30分にRBA政策金利発表が行われました。現行の政策金利は4.75%で予想も4.75%、結果も4.75%でした。注目の議事録は「世界経済見通し、年初より不透明感が増している」「いくつかのサービスセクターは平均も強い」「中国の成長は引き続き堅調とみられる」と、強弱入り混じる内容で、特にサプライズする内容のものはなく、相場への影響は限定的でした。そして、スイス中銀の発言を受け、ユーロ円が急上昇したのを受け、オージー円も上昇し、底堅く推移しています。オージー円は週足では上昇トレンドに乗っており、日足もホリンジャーバンドの中央付近で踏み止まって上昇しています。私は、81円で押し目買いしました。ターゲットは82円です。無事にターゲットに達成することを祈ってます!
また明日も頑張りましょう。