ミシガン大学消費者物価指数

加ドル円堅調

<ドル円>
16日、日経平均は8800円代を回復しました。欧州株式も比較的堅調に推移し、NYダウも堅調、反落する場面もありましたが、底堅く推移しています。世界経済(特にソブリン問題)の不透明感が、だいぶ払拭されたような気がします。とはいえ、ギリシャの支援や融資について、ハッキリと結論がでていないので、油断は禁物です。
22時55分に9月ミシガン大学消費者信頼感指数が発表されました。前回の結果は55.7でした。今回は予想が57.0に下方修正されていました。結果は57.8と予想よりもやや強い数値になりました。この強い結果を受けて、76.8円から76.98円付近まで急上昇しました。あと一歩で77円が届きそうでした。私は、リスク回避の流れがおさまってきたものの、戻りを試しているような気がするので、77円上(できればミドル)あたりまで戻せば売っていきたいと思います。

<加ドル円>
クロス円の中で一番堅調なのが加ドル円です。加ドル円は76.5円をしっかり守り、底堅く推移しています。私は83円付近まで戻すと思っています。ですから、押し目があれば、買っていくのがいいでしょう。私は77.7円で買い78.2円で決算しました。50pipsの儲けです!また押し目があれば買っていきます!
また来週も頑張りましょう。