RBA

RBA議事録発表

<オージー円>
20日、10時30分にRBA(オーストラリア準備銀行)理事会議事録が公表されました。これには、「世界や国内経済リスクへの対応でよい状況に」と、書かれていました。追補として「豪ドル高、主要企業が事業計画を見直し」「世界経済の見通しは大幅に、より不透明に」「豪州の中期的な経済見通しはポジティブ」「中期的なインフレ見通しへの懸念を改めて表明」と、書かれていました。つまり、世界経済の見通しは不透明ながらもよい状況に向かっているという内容で、更に、中期的なインフレ見通しへの懸念と書かれていますので、今後利上げが見込まれるということになります。RBA議事録の発表を受け、豪ドルが買われ、オージー円も上昇しました。しかし、やはりギリシャなどヨーロッパの問題によるリスク回避の流れが強く、上昇したものの押し戻されてしまいました。
私は、オージー円を押し目で買うのが好きなのですが、ソブリン問題にめどが立つまでは、怖くて買う気がしません。もう少し待って、なんらかのめどがついたならば、その時はしっかり買っていきたいと思います。
また、今夜27時15分にアメリカでFOMC政策金利発表が行われます。今回のFOMCは議事録の内容に注目が集まっています。この発表直後に相場の流れが変わる可能性があります。深夜ですので、起きて発表を待つのはキツイと思います。できましたら、朝起きてからでも遅くはないので、相場をチェックした方がよいでしょう。ポジションをホールドしている方は、相場の変動に注意しましょう。
また明日も頑張りましょう。