耐久財受注

再びリスク回避の動きに

<ドル>
・ポジション(オージードル)0.977ドル(買)→1.000ドル(決算)0.950ドル(ストップ)

28日、21時30分に発表された耐久財受注に注目が集まりました。耐久財受注(前月比)は前回の結果が+4.1%でした。今回、予想は-0.2%に下方修正されていました。結果は-0.1%とやや強い結果でした。耐久財受注(除輸送用機器・前月比)は前回の結果が+0.7%でした。今回、予想は-0.2%に下方修正されていました。結果は-0.1%と予想よりもやや強い結果でした。耐久財受注の強い結果を受け、ドルは買われました。
今週はリスク回避の巻き戻しの動きが続いていましたが、やはり巻き戻しの範疇であり、リスク選好の動きまでならなかったようで、水曜日はリスク回避の動きに変わりました。ギリシャの財政再建に向けてECBなどが動き出しているので、私の目にはソブリン問題に向けて積極的な支援策を検討していて、だいぶ沈静化したように見えるのですが、投資家にとっては不透明感を払拭できないようです。10月の中旬までに80億ユーロ用意できなければ、ギリシャはデフォルトに陥る見込みですので、10月中旬までリスク回避の動きが続くかもしれません。
さて、私のオージードルのポジションですが、昨日書いた通り、伸び悩んでいるようなので手動で決算しました。0.977ドルです。0.977ドルで買ったので、儲けは0です。押し目で買いたいのですが、リスク回避の動きが強いので、買いは難しいですね。素直に戻した時に売ったほうが無難のようです。今度は、クロス円・ドルストレートが戻せば売っていきたいと思います。
また明日も頑張りましょう。