小売売上高

アメリカの強い指標結果

<ドル円>
14日、21時30分に発表された小売売上高に注目が集まりました。小売売上高(前月比)は前回の結果が+0.3%でした。今回は予想が+0.7%に上方修正されていました。結果は+1.1%と予想よりも強い結果になりました。小売売上高(除く自動車・前月比)は前回の結果が+0.5%でした。予想は+0.3%に下方修正されていました。結果は+0.6%と前回の予想よりも強い結果になりました。この強い指標結果を受けてドルはやや買われました。続いて、22時55分に発表されたミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)に注目が集まりました。前回の結果は59.4でした。今回は60.2に上方修正されていました。結果は57.5と予想よりも弱い結果になりました。弱い指標結果を受けてドルはやや売られる場面がありましたが、逆に押し目では買われ、反発上昇しました。今週はアメリカの主要企業の決算が発表されました。おおむね好調な結果に終り、ダウ平均も高まる結果になりました。また14-15日にかけてG20財務相・中央銀行総裁会議が行われ、特にユーロの金融危機が緩和するのではないかという期待感から、リスク選好の動きになっています。しかし、まだまだ下落バイアスが強い地合いなので、私は、78円があれば、しっかり売っていきたいと思います。

<オージー円>
今週、狙い目のオージー円を昨日も買っていきました。78.5円(買)→79.5円(決算)で1円の儲けです!今週はしっかり儲けさせてもらいました!
また来週も頑張りましょう。