スワップ

日韓スワップ協定を5倍の700億ドルに

<韓国ウォン>
以前、ブログで韓国ウォンが危ないという話をしました。韓国ウォンは対ドルで10月4日に1200上をつけてから暴落しつづけ昨日1131.2付近をつけました。長い下髭を出していないので、もっと下落が続くとみられています。以前も書きましたが、市場関係者の間では、必ず沈む船「泥舟」と、噂さされているほどです。さて、そんな中、昨日、野田首相が韓国に赴き李明博大統領と会議を行いました。その内容を聞いて愕然としました!なんと「両国の通貨スワップの限度額を現行の130億ドルから700億ドル(約5兆4000億円)へ拡充する」ということで合意しました!
FXをやっている人だとスワップというとなんとなく分かる人もいると思いますが、ちょっとニュアンスが違うので詳しく説明します。
ここでいうスワップ協定とは、韓国と日本が自由に相手のお金を使えるという協定です。ですから、お金に困っている国はとても助かります。日韓で協定なので、日本も韓国も自由に使えるのでフェアだと感じるかもしれませんが、それは全く違います。日本は韓国よりも経済的に豊かですので、このお金を使うことはありません。実際に使うのは韓国側なのです。私は、今ユーロで起きているギリシャ問題とそっくりのケースだと思います。ドイツがギリシャを救うことがあっても、ギリシャがドイツを救うことはないのです。つまり、野田首相は5兆4000億円使える小切手を韓国にプレゼントしてきたということになります。本当にどうして日本が韓国を救わなければならないのでしょうか?今、日本は千年に一度の未曾有の大震災といわれる東日本大震災の復興にお金を使わなければなりません。そのためには個人的意見ではありますが、償還期限が100年近くの大規模な建設国債を発行しなければなりません。なぜなら、国にお金がないので、お金持ちの人から貧しい人へお金を移すという所得移転だけではまかなえないからです。建設国債を発行して長期に渡るインフラ計画を作らなければ復興できません。増税もしなくてはなりません。日本国民には増税を強き、復興にはお金を使わず、なぜ韓国を救うために5兆4000億円使えるお金を渡さなければならないのでしょうか?更に、円高を阻止しなければならないのに、スワップ協定を結んだことでウォン安円高の流れができ、円高が進んでしまいました!本当に昨日は頭にきてしまいました!昨日は有識者を始め一般の方までかなり腹立っている人が多く、民主党などにクレームの電話やFAXが殺到していたようでした。スワップ協定を増額したことで、また円高が進行しそうです。ポジションには気をつけましょう。
また明日も頑張りましょう。