雇用統計

オーストラリア雇用統計

<ユーロ円>
一昨日のブログに、「105円台は、ストップの売りと買い注文と入り交ざっている気がします。しかし、105円付近は明らかにストップが多い気がします。私は105円にストップ売りを見越して逆指値で売り注文を入れたいと思います」と、書いた通り、105円に逆指値で売り注文を入れていました。やはりストップが溜まっていたようで、うまく利食うことができました!105円(売)→104.8円(決算)20pipsの儲けです!クロス円の場合、ストップ売りは20pipsが無難だと思います。あまり欲張らずに決算するのがコツですね!
さて、ユーロ円は日足でやや長い下髭を出しました。更に陽線で引けています。104円台は買いが多そうですね~。突っ込んで売らない方がいいようです。下髭が出ているので、軽く戻すかもしれません。その時は、戻り売りで売りを仕込むといいでしょう。ユーロ円は戻り売りスタンスで攻めましょう。

<オージー円>
10日、雇用統計が発表されました。新規雇用者数(前月比)は前回の結果が+22500人でした。今回は予想が+10000人でした。結果は+10100人とやや強い結果になりました。失業率は、前回の結果が5.3%でした。今回は予想が5.3%に据え置かれていました。結果は5.2%と予想よりも強い結果になりました。強い雇用統計の結果を受けて、豪ドルは対円・対ドル共に買われましたが、上昇は限定的で、押し戻されてしまいました。
やはり、ユーロのソブリン問題により、リスク回避の動きが強いようです。今後、しばらくリスク回避の動きが強まりそうなので、資源国通貨は、安くなっても買わない方が無難だと思います。
また明日も頑張りましょう。