ドル急落

アメリカ雇用統計発表

本日は雇用統計があるので、現在キープしているドル円とポンドドルを手仕舞いしました。
ドル円は86.4円(売)→85.9円(決算)で50pipsの儲けです!
ポンドドルは1.590ドル(売)→1.583ドル(決算)70pipsの儲けです!

さて、本日の雇用統計はとても分かりやすかったですね!
7月非農業部門雇用者数の予想が-6.5万なのに対し、結果は-13.1万でした。7月民間部門雇用者数は予想が+9万人に対し+7.1万人でした。そして、失業率は予想が9.6%に対し9.5%でした。
結果を見ると、失業率が1%プラスの強い指標なのに対し、非農業部門雇用者数と民間部門雇用者数は予想よりとても弱い指標でした。
指標結果を受けてドル円は一気に85.9円付近から85.3円付近まで下落しました。
85.5円まで戻ってきたところで思いっきり売りました。
できれば85円割れまで待って決算したかったのですが、85.1円割れたところで底堅くなかなか抜けそうになかったので85.1円で決算しました。
40pipsの儲けです!
レバレッジを大きくしていたので短時間に多く稼げて大満足です!

これで当分ドル円は戻り売り決定です!
来週はFOMC(連邦公開市場委員会)が予定されています。そこで、更なる金融緩和支援策が打ち出されるかもしれません。そうなればドルは更に売られます。そうならなくとも、戻せば売り注文の厚い層が並んでいると思います。しばらくドル円は下落トレンドになると思います。戻ってきたところをしっかり売っていきたいですね^^