来週の予想

今週のまとめと来週の予想

<気になる通貨まとめ>

・ドル円
日足では、4日連続上下に長い髭を出していて、方向感を失っています。考えられる可能性として、11日と19日につけた85円割れをWボトムとして上昇してくるか、長い下髭を出すまで下落するかという2つの可能性です。前者のWボトムにしては11日から18日と期間が短いうえに、Wボトムを形成する時は長い陰線と下髭を出すことが多いので、可能性としては薄いと思っています。一回大きく下げてはずみをつけないと上昇しにくいので、下落の可能性が強いと見ています。
週足では、ホリンジャーバンドの-2σと-1σの真ん中に位置し、ホリンジャーバンドも下向きに開いていますので、かなり下落バイアスが強いと思います。
来週は戻り売りで望みたいと思います。

【クロス円】
・ユーロ円
日足はホリンジャーバンドの-2σと-1σの間に位置し、ホリンジャーバンドも下向きに開いているので、かなり下落バイアスが強い状態です。6月29日につけた107.3円を狙っている格好に見えますが、6月29日の下げが急激な下げではなかったので私はもう一段の下落があると思っています。
週足は上昇トレンドに乗りそこねた格好で、ホリンジャーバンドの-1σに頭を押さえられてしまいました。しかし、まだまだ上昇してくる可能性は残っています。
来週は戻り売りで、こまめに決算していきましょう。

・ポンド円
日足は上昇に見せかけてほぼ元の位置に戻ってきていて、ホリンジャーバンドも平らで、どこに向かって動いているのか読むことがとても困難です。
週足は短い足が何週も続いています。方向感がまったく読めません。予想としてはしばらくレンジ相場が続くと思います。
来週はストップをきつめにしてレンジ取引をしていきましょう。

・オージー円
直近の日足は長い下髭を出していて、底堅さがうかがえます。しかし、79円超えはとても大きな抵抗があるので、抜けるのはとても困難だと思います。しばらくレンジ相場が続きそうです。
週足はホリンジャーバンドが下向きにやや開いているので下落バイアスがやや強いですが、72円をしっかり守っています。どちらに動くか方向性が読みづらいです。
来週は押しがあれば買い、吹き値があれば売っていきたいと思います。

【ドルストレート】
・ユーロドル
日足は上昇トレンドから外れて下落トレンドを形成しています。
週足は先週大陰線で引けましたが、今週はしっかり13日移動平均線で踏みとどまっています。
方向確認のために来週は様子見がいいでしょう。

・ポンドドル
二日連続上下に長い髭をだした十字の陽線引けの後に直近の日足は陰線で引けています。通常ならば、下落する兆候と読むのですが、下髭が伸びていますので、なかなか簡単には下落しそうにないです。
週足はホリンジャーバンドの+1σに支えられています。大きく上昇した後に押しが入った状態です。もう少し深い押しが入るかもしれませんが、様子を見ながら押し目買いがいいでしょう。
来週は押し目買いで攻めようと思います。

<来週の重要指標>
水曜日 ドイツIFO景況指数
金曜日 アメリカQ2GDP改定値

その他にもアメリカの指標の発表が沢山予定されています。火曜日の中古住宅販売件数など注目される指標だと思います。
来週は指標が沢山発表されるので、波乱ぶくみの相場展開になりそうです。取引に慣れない人は、指標発表時間帯は取引を控え、ストップはきつくして、こまめに売り買いするのがいいでしょう。こういう時はテクニカル中心に動くのもいいですね。
また来週も頑張りましょう。