FX レバレッジ

レバレッジとは

FXを行う魅力の一つにレバレッジがあります。
FXを行うにあたって証拠金が必要ですが、もし、ドルを円で買おうとした場合、1ドル100円であれば、10万ドル買うには1000万円必要になります。
1000万円の証拠金をFXのために用意するのはなかなか難しいといえるでしょう。
そこで登場するのがレバレッジになります。
先ほどの例に挙げたレバレッジが1倍の状態では、1000万円が必要でしたが、レバレッジを2倍にすることにより500万円の証拠金で取引をすることができます。
もし、レバレッジを100倍にすれば、10万円で取引が可能ということです。
この様に少ない証拠金でも多くの通貨量を取引できるためにレバレッジが用意されています。
つまり、多くの通貨量を取引をすればするほど、多くの為替差益が生まれるので、一度の取引で多額の利益を生むことができます。
例えば、1ドル100円の場合、90円で1万通貨を買って100円で売れば、10万の儲けですが、同じ条件でレバレッジを使って10万通貨取引すれば、100万の儲けになります。
この小額の証拠金で多額の為替差益をみこめるレバレッジこそがFXの魅力であるといえるでしょう。
しかし、レバレッジはメリットばかりではありません。
レバレッジを大きくすれば、利益だけでなく受ける損失も大きくなってしまいます。
一度の失敗で大きな損失を払わなければならないことは、FXを長く続けていく上で、大きな痛手になります。
レバレッジを高くしていると、為替が少し自分がみこんでいた方向とは逆に動いただけでも多きな損失になり、評価損が膨らみます。
取引をするには必ず証拠金が必要ですが、どんどん評価損が膨らめば、証拠金も足りなくなります。
口座に資金を追加しないと、マージンコールになり、最悪の場合ロストカットになってしまいます。
ロストカットとは、強制的に手持ちの全てのポジションを反対売買で決算する仕組みです。
ロストカットレベルは口座資産の30%など業者によって違いはありますが、大きな痛手になりますので、避けなければいけません。
もし、レバレッジを低くしていれば、多少為替が自分がみこんでいた方向と逆に動いたとしても損失が少ないので、ロストカットレベルに到達するまでに余裕があります。
ですから、初心者の方は、まずレバレッジを低くして取引をすることをお勧めします。
レバレッジを低くしていれば、気持ちにも余裕が生まれ、落ち着いて取引をすることができます。
慣れてきたら、徐々にレバレッジを高くして取引をすると良いでしょう。