FX初心者 心得

視野を広げる

「私はスキャルピングしているから、1分足と5分足を見ている」という人がいます。短期トレードをやっているから短期だけ、長期トレードをやっているから長期だけ見ている人がいるのです。FXはどんなに短期であってもどんなに長期であっても短期・中期・長期を考える必要があると思います。特に細かく考えなくてもいいので、おおまかに考えてみましょう。ドル円をやっているのなら、一年後、ドル円はいくらになっていると思うのか、1ヵ月後は上昇しているか下落しているか考えてみましょう。そして、週足、月足を見てみるようにしましょう。すると、1分足や1時間足を見ていた時とは違うドル円の姿が見えてきます。そして、1分足に戻してみると違った角度からチャートを見ることができるようになります。特に週足はとても大切な足です。週足を重要と考えて分析しているディーラーの人は大勢います。私もその一人で日足と週足は細かくチェックしています。FXは集中力が必要なのでついつい一点に集中してしまいがちですが、大きな流れを掴んでその中の小さな流れのトレードをしていった方が安全性が高いと思います。長期トレードの場合も同じです。大きなトレードの流れに沿って取引するスウィングトレードであっても短期を見るとよりはっきりと長期の予測図が見えてきます。また、ドル円のみをトレードしている時でも、他通貨ペアのチャートを見るようにしましょう。ドル円が下落しているならば、円が強いから下落しているのかドルが弱いから下落しているのか、通貨の力関係を計るようにして下さい。そうすれば、どうして相場が動いているのか理由が分かってきます。トレードをする時はなるべく視野を広げて情報を多く取り入れるようにしましょう。