FX初心者 テクニカル

テクニカル分析を利用する

テクニカル分析は技術の進化とともに多くの分析方法が生まれました。現在、とても優れたテクニカル分析を殆どのFX業者で無料で使用できるようになっています。せっかくタダで使えるのならば使わない手はありませんね!テクニカル分析には大きく分けてトレンド系とオシレーター系があります。トレンド系は相場が上昇しているのか下落しているのか流れを判断するのに役立ちます。移動平均線や一目均衡法などがトレンド系にあたります。

オシレーター系は現在買われ過ぎているのか売られ過ぎているのか行き過ぎを計るのに役に立ちます。ストキャスティックスやRSI・RCI・ADXなどがオシレーター系にあたります。MACDはトレンド系としてもオシレーター系としても利用することができます。特に初心者の人は両方組み合わせて使うことをお勧めします。使い方は、まずトレンド系で相場が上昇しているのか下落しているのか流れを判断します。

始めは流れに逆らわず順張りでいきましょう。例えば、上昇しているなら「買い」で攻めると決めます。そうしたら、高値で買わないように(高値掴みしないように)オシレーター系を使って売られ過ぎになった時に押し目買いします。RSIならば25%以下になった時ですね。初心者の人は相場が急激に上昇したら、「乗り遅れないように急いで買わなきゃ!」と思い高値掴みをよくしてしまいます。オシレーター系で押しを待って買うようにすれば高値掴みを避けることができます。オシレーター系を使っていると相場のリズムが分かってきます。相場のリズムが身につくまではオシレーター系を使い続けることをお勧めします。