FX チャート

チャートとは

チャートとは、相場の状況を線で記録したもので、FXを行う上でチャートを分析することはとても大切になります。
まず、チャートを開くと、日本で一般的に使われているロウソク足が表示されるでしょう。
このロウソク足とは、見た目がロウソクのような形をしており、四角形でできたロウソクの蓋と底の部分にあたる横線が始値と終値にあたり、側面にあたる縦線が、始値と終値をつないだ線になります。
そして、ロウソクからまっすぐ伸びたひげの先端が高値と安値になります。
ロウソク足を見ることで、始値と終値、高値と安値が分かるのです。
ロウソクには2色あり、一般的に黒と白のロウソクがあります。
黒のロウソクは、始値が終値よりも低く、相場が軟調であることを示し、白のロウソクは、始値が終値よりも高く、相場が堅調であることを示します。
黒いロウソクから下に長いひげが出ていると、急落したけれども、反発して下げ止まっている状況が読み取れます。
また、ロウソクの長さからは、相場の強さを読み取ることができます。
白く長いロウソクは、相場が強い勢いで上昇していることを示し、黒く長いロウソクは、相場が強い勢いで下落していることを示します。
チャートは、それぞれの通貨ペアごとに存在し、一日の取引の様子を記録した日足や一時間の取引の様子を記録した時間足があり、更に細かく取引の様子を知るために5分足や一分足などのチャートがあります。
もっと細かい動きを見たければ、ティックチャートがあります。
ティックチャートは相場の細かい動きを線でつないだものです。
逆に、長期間の取引の流れを知りたいのであれば、週足や月足などのチャートがあります。
ロウソク足の見方に慣れてきたら、チャートにテクニカル分析を加えていきましょう。
ほとんどの業者ではロウソク足の上にいくつものテクニカル分析を加えることができます。
なぜロウソク足にテクニカル分析を加えるかといえば、ロウソク足は相場の状況を教えてくれますが、売買サインは出してくれないからです。
基本的なテクニカル分析の一つに移動平均線があります。
移動平均線は期間をカスタマイズすることもできますが、慣れるまではデフォルトされている移動平均線を使うと良いでしょう。
短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けると買いのサインで、短期移動平均線が長期移動平均線を下抜けると売りのサインだと言われています。
この移動平均線をロウソク足の上に表示することにより、相場の状況と売買サインを同時に把握することができます。
他にも、一目均衡表・ストキャスティックス・ホリンジャーバンドなどのテクニカル分析などがあります。
いかにチャートにテクニカル分析を加えて、売買サインを見抜くことが、FXで勝つ秘訣になると言えるでしょう。